ハゲを治す方法


諦めなければ髪は必ず生えてくる


発毛を促す方法


AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略語で、日本語では男性型脱毛症と呼びます。
男性型脱毛症とは、男性ホルモンであるテストステロンが原因となって抜け毛が起こる疾患で、いわゆるハゲと呼ばれる症状となります。
AGAクリニックは、本格的に治療するとなれば高額な費用がかかります。
まずはAGAに関する正しい知識を学び、最適な対処法を選ぶことが大切です。



AGAが発症する仕組

AGAが起こる仕組みとして、頭皮の内部で以下のような事が起こっています。
睾丸より分泌されたテストステロン(男性ホルモン)が血液を通って頭皮に行き着くと、毛乳頭や皮脂腺に分布している5αリダクターゼという酵素に結合されます。
5αリダクターゼの作用により、テストステロンはジヒドロテストステロン(DHT)という強力な男性ホルモンに変わります。
そしてこのジヒドロテストステロンが毛乳頭にあるアンドロゲンレセプター(男性ホルモンを取り込む部位)に結合され、脱毛因子「TGF-β(トランスフォーミング増殖因子)」という物質が生成されます。
脱毛因子「TGF-β」は毛乳頭および毛母細胞の活動を抑える物質で、退行期誘導因子とも呼ばれます。
この因子からFGF-5(脱毛に影響するタンパク質)を通じて、「育毛を抑える」という指令が脳から毛乳頭に送られます。
この司令が送られると、毛髪への栄養は必要なしと判断されて毛乳頭への血流が滞ります。
栄養不足となった毛髪はあまり成長せずに退行期となってしまうため、細くて柔らかい軟毛となります。
最初は頭頂部や額の生え際(M字)の毛髪が軟毛となり、症状が悪化するにつれて範囲が広まっていきます。
軟毛はすぐに抜け落ちてしまうので、次第に抜け毛が増えていき、毛髪の密度がなくなって薄毛状態となります。

ヘアサイクル(毛周期)



毛髪は一定の周期で伸び、そして生え変わっています。
ヘアサイクルとは、1本の髪の毛が生え始めてから抜け落ちて再び生え変わるまでの周期を指す言葉です。
毛髪はずっと伸び続けるわけではなく、一定の期間で抜け落ちて生え変わります。
髪の毛が伸びる早さとしては、平均的に以下のペースで伸びます。
1日:0.3〜0.5ミリ
1ヶ月:約1.2センチ
1年:約15センチ
また、ヘアサイクルは大きく分けて以下の3つに分類されます。

成長期

毛髪が生え始める時から、成長が止まるまでの期間を指します。長さは通常は2〜6年ぐらいで、毛髪全体の85〜90%は成長期の髪です。

退行期

毛母細胞の分裂が急激に少なくなり、成長が止まる期間です。色素細胞の活動も弱まり、毛髪と密接な関係にあるメラニン色素の生成もなくなります。長さは約2週間です。

休止期

完全に毛母細胞の分裂が終わり、毛根が退化してしまう期間です。毛根の位置が次第に浅くなり、次に生え変わる毛根に押し出されるような形となって、最終的に髪の毛が抜け落ちます。長さとしては約3〜4ヶ月です。
ヘアサイクルのうち、ほとんどの期間は毛母細胞が分裂を繰り替えて髪が伸びていく「成長期」となります。成長期が長ければ長いほど、髪の毛は太く長くなります。
AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)が増加すると、脱毛因子によって脳から毛乳頭へ「育毛を抑る」という指令が送られます。
すると頭皮への血流が滞り、毛乳頭に十分な栄養がいかなくなって成長期が大幅に縮んでしまいます。
毛髪が太く長くなる前に成長が止まって退行期に入りますので、通常時の太くて長い毛(硬毛)に比べて細く柔らかい毛(軟毛)となります。
抜け毛に軟毛が含まれていれば、AGAによってヘアサイクルの成長期が縮んでしまった結果です。


ハゲ克服必須アイテム

AGAのメカニズムは科学的に解明されており、AGAの進行を遅らせる治療薬のフィナステリドまたは、ディタステリドと、発毛させる治療薬ミノキシジルによりハゲを克服できます。

▼フィナステリド
フィナステリド(finasteride)は、アメリカメルク社が開発した抗アンドロゲン薬です。2型5-α還元酵素を阻害して、男性ホルモンテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に転換されるのを抑制します。 
低用量(0.2または1mg/day)で、男性型脱毛症(AGA)に対して脱毛抑制効果を認め、プロペシア(Propecia)の商品名で多くの国で発売されています。
プロペシアの日本での特許は2015年に切れており、後発品(ジェネリック)が発売されています。

・プロペシア(フィナステリド)
AGAは進行性で、放っておくと薄毛が進んでいきます。
それを抑えるのがフィナステリドを有効成分とするプロペシアです。
プロペシアはDHTの産生を抑え、抜け毛を減らしAGAの進行を抑えます。

▼こちらから安く手に入れることが可能です▼


・フィンペシア
フィンペシア(Finpecia)は、フィナステリドを有効成分とするプロペシアのジェネリック薬です。
プロペシアと有効成分量は全く同じです。
プロペシアから乗り換えることで、ランニングコストを下げながらAGA治療が行えます。

▼こちらから安く手に入れることが可能です▼


・フィナロイド
LLOYD LABORATORIES社のFinaLloyd(フィナロイド)は、プロペシアのジェネリック医薬品で、有効成分・フィナステリドを含有する男性型脱毛症(AGA)治療薬です。
フィナロイドに配合されているフィナステリドは、毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害し、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制し、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。ジヒドロテストステロン(DHT)は、遺伝的な男性型脱毛症を誘発します。
よって、フィナロイドで5-α還元酵素を阻害しジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されるのを妨げることは、男性型脱毛症の治療において有効です。

▼こちらから安く手に入れることが可能です▼


▼デュタステリド 
デュタステリドはGSK(グラクソ・スミスクライン社)が開発した医薬品アボルブの有効成分です。
もともとは前立腺肥大症のために開発された薬でしたが、このデュタステリドがAGAに効果があることが分かりました。
その後、デュタステリドは、プロペシアの有効成分であるフィナステリドよりもAGAの原因物質である男性ホルモンの「DHT(ジヒドロテストステロン)」を効果的に抑制することが発見されました。
また、近年男性型脱毛症を効能・効果とする、AGA新薬ザガーロとして日本でもGSKが販売を開始しました
AGAの原因物質のDHT(ジヒドテストステロン)の産生を促す5α-還元酵素にはT型とU型があります。
デュタステリドはこの5α-還元酵素のT型とU型の両方の働きを抑える事ができます。

・アボダート(デュタステリド)
アボダートとは、イギリスのグラクソ・スミスクライン社が販売している製品で、 もともと、前立腺肥大症の治療を目的としてFDA(アメリカの食料医薬品局)に承認されたものです。 
現在はAGAに対してプロペシアなどのフィナステリド剤よりも効果が高いとされています。 
アボダートの有効成分であるデュタステリドは、脱毛の最大の原因である5α-リダクターゼを抑える働きを持つものです。 
プロペシアやミノキシジルもそうですが、実は、5α-リダクターゼにはI型とII型があり、プロペシアなどは、II型を抑える働きしか持っていません。 
これが、プロペシアが100%発毛しない原因の一つであると言われています。 
ところが、アボダートの主成分であるデュタステリドは、I型とII型のどちらも同時に抑えることができるのです。 
そのため、プロペシアの成分であるフィナステリドよりも強力であり、最近発売された育毛剤や発毛剤のなかで、 その期待度、効果の点において、共に群を抜いています。

▼こちらから安く手に入れることが可能です▼


▼ミノキシジル
ミノキシジル(Minoxidil)とは血管拡張薬として開発された成分です。
後に発毛効果があるとされ発毛剤に転用され、日本以外ではRogaine(ロゲイン)の商品名で売られています。
日本ではミノキシジル成分の医療用医薬品が未発売ですが、大正製薬が一般用医薬品として開発を行い1999年からミノキシジル成分1%のリアップとして発売しました。
2009年にはミノキシジルを5%配合したリアップX5が発売しました。
また、2017年にはミノキシジル5%に加え、皮脂の分泌、酸化を抑え、頭皮の炎症を抑える効果がある成分(ピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、l-メントール)を配合したリアップX5プラスローションが発売しました。
なお、リアップ発売前から現在までリアップよりも主成分が濃厚で廉価である理由でロゲインの個人輸入も多く行われています。

・リグロースラボM15 (ミノキシジル15%)
髪・頭皮のメカニズムを紐解き、毛髪にまつわる悩みを解決するRegrowth Labs(リグロースラボ)から、シリーズ最大濃度ミノキシジル15%の育毛剤が登場です。
M15は、リアップX5プラスと同じ有効成分のミノキシジルをシリーズ最大濃度15%含有した育毛剤です。 
値段は、リアップX5プラスの半分以下で購入できます。

▼こちらから安く手に入れることが可能です▼


・ロゲイン
ロゲインのミノキシジル配合量は5%でリアップX5も5%と濃度は全く同じです。
リアップについて調べてみると、目についてくるのがロゲインというものです。
これは簡単にいえばリアップの海外版であり、また元祖と言えるものです。
ミノキシジルに発毛効果が認められ、本格的に研究が進められた後、アメリカで初めて販売された発毛剤がロゲインです。
ミノキシジルを5%含有した海外の発毛剤でロングセラーを誇る大ヒット商品です。

▼こちらから安く手に入れることが可能です▼


・カークランド(Kirkland)5%
カークランド製のミノキシジルは、世界的に有名な発毛剤・育毛剤ロゲインのジェネリック品として、ロゲインと同じようにミノキシジルを5%配合しております。
商品に付属しているスポイトを使い、1回1mlを気になる患部に直接塗り、指でマッサージします。
これを一日2回(朝・夜)行うと効果的です。

▼こちらから安く手に入れることが可能です▼


・フォリックスFR16
Follics(フォリックス)FR16は、先端の有効成分ミノキシジルを16%含有しており、有効成分を適切に吸収させるための次世代技術であるLiposphere(リポスフィア)テクノロジーが採用されています。
この技術は、有効成分をヒトの細胞膜と同じ分子であるリン脂質の膜でカプセル化し、皮膚の奥深くへと浸透させます。水分と油分の両方になじみが良いリン脂質の膜がラメラ構造をしているため、生体への親和性に優れているのが特徴です。
Follics(フォリックス)FR16はべたつくことなく、プロピレングリコール(PG)未配合で赤みを引き起こすことが少ないため、長期にわたってご使用できます。

▼こちらから安く手に入れることが可能です▼


・ミノキシジルタブレット
ロニテンのジェネック薬として知られるミノキシジルタブレットです。
外用薬と比べ、内服で体内から働きかけるため細胞への吸収率が高く即効性があることが特徴で、外用薬との併用でより効果を発揮するとされています。
ミノキシジルタブレット医薬品の中でも品質の高い製品として利用されています。

▼こちらから安く手に入れることが可能です▼


・ミノキシジルタブレット+プロペシアジェネリック育毛セット
ミノキシジルは「発毛成分」になります。
一方プロペシアはAGAの進行を食い止める治療薬になります。
AGAの改善と言う意味では、プロペシアを服用すれば薄毛の進行を食い止めることはできますが、失ってしまった髪の毛を取り戻すことはできません。
しかし、ミノキシジルの効果をもってすれば、発毛を促進させて髪の毛の成長を早めてくれるので、確実に、早く薄毛が改善されるようになります。
つまり、ミノキシジルとプロペシアの併用は最強です。
AGA初期段階であれば、プロペシアの処方だけの場合もありますが、進行具合によってはプロペシアとミノキシジル(外用)で十分ですが、さらに薄毛が進行している場合はプロペシアとミノキシジルタブレット(内服)が効果的です。
プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制し、ミノキシジルで発毛因子を刺激し、発毛を促し育毛を促進させることで薄毛が徐々に回復していくのです。
このように、双方の効果を同時に得ることで薄毛の悩みから解放されます。
プロペシアを服用しているけど一向にAGA(薄毛)が改善されないと言う場合は、ミノキシジルタブレットとの併用が効果的です。

▼こちらから安く手に入れることが可能です▼


・Follics FR-S1シャンプー
Follics(フォリックス)FR-S1シャンプーは、臨床的に育毛効果が証明されている医薬成分であるミノキシジルと、フィナステリドを含有した育毛シャンプーです。
脱毛を抑えて、髪の成長を刺激します。
ミノキシジルとフィナステリドの他にも、アゼライク酸、カフェイン、Pronalenが配合されており、頭皮と毛髪の健康へ多角的にアプローチします。
硫酸塩(サルフェート)・パラベン・フタレート不使用のFollics(フォリックス)FR-S1シャンプーは、刺激性の少ない、クリームタイプのシャンプーです。

▼こちらから安く手に入れることが可能です▼


ハゲを治す方法
inserted by FC2 system